インディアンジュエリーの掘り出し物をお探しならここ!

# 掘り出し物インディアンジュエリーなら ~ Fletcher's ~ フレッチャーズ

# Harry Nelson氏のマルチストーンバングル

久しぶりにナバホ族作家Harry Nelson氏のマルチストーンバングルが入荷しました。
しかも、ヴィンテージ物。

n541.jpg
n542.jpg
n543.jpg


どうです、この、ターコイズの表情。
センターはキングマン、しかもパイライトの入ったオールド。
その他はローン・マウンテン・ターコイズ鉱山産出。
全く異なる表情のターコイズ、そしてスパイニーオイスター、MOP、コーラル、ラピスが絶妙な組み合わせでちりばめられています。
しかも、それぞれの石が実に質感豊かに、いい感じのカットが施されています。
これは素晴らしい!

でも、現地バイヤーが頑張ってくれたので仕入れ値は安い。
安い物は安く出すのがフレッチャーズ。
なので、これも、特価で出しちゃいます。
早い者勝ちですよ~。


# インディアンジュエリーの基礎知識&雑学

↑随時更新中

お捜しのインディアンジュエリーはこちらに↓随時入荷しています。(ヤクオフ)

出品中の商品はこちら
出品中の商品はこちら

Yahooショッピングはじめました↓

出品中の商品はこちら

クリックしていただけると、張り切って良い物仕入れてお安く出します。 ↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ シルバージュエリーへ


# 日本人とインディアンの宗教観

相変わらずココペリ関連商品が人気です。
以前にも書きました、コペリというと、元々はホピ族の伝承に出てくる豊穣と子孫繁栄の男神です。

神と言えば、実はインディアンと日本人、宗教観がよく似ているのです。
キリスト教やイスラム教に比べ、日本の神道は八百万の神様と言って、元々は天皇家や有力豪族の始祖だったり、森には森の、海には海の、色々な物にも神様が存在したり、生活の中での色々な物への感謝がそのまま信仰になったり、様々は物を拝んできました。

他の宗教に比べると、これが一つの宗教? と思えるほど多様性に富んでいます。
が、実はインディアンもそうなんです。
自然や事象、物にはそれぞれ魂が有り超自然的存在が介在すると言われています。
それらを部族によって、マニトウ、オレンダ、クベなど様々な呼び名がありますが、多くの部族で似た認識を持っており、日本神道とも通じる宗教観があります。

遺伝子的にもインディアンと日本人は近いと言いますが、日本列島と北米大陸、遠く離れた地でお互いに自然に感謝し、物に感謝し、それぞれに神が宿るという同じ発想をしたのが面白いですね。


ココペリその他、インディアンの伝承をもとにしたインディアンジュエリー、入荷しています。



n341.jpg

n301.jpg

n371.jpg

# インディアンジュエリーの基礎知識&雑学

↑随時更新中

お捜しのインディアンジュエリーはこちらに↓随時入荷しています。(ヤクオフ)

出品中の商品はこちら
出品中の商品はこちら

Yahooショッピングはじめました↓

出品中の商品はこちら

クリックしていただけると、張り切って良い物仕入れてお安く出します。 ↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ シルバージュエリーへ


# インディアンにとっての【卍】とは?

卍マークの入ったインディアンジュエリーを見た事はありますか?
神社のマーク? ナチスドイツの鍵十字?

実はインディアンとも縁の深いマークなんです。

d341.jpg


部族によって伝承は異なりますが、ホピ族の場合、当初のマークは現在の卍のように角の有る物では無く、曲線で構成されており、これは、部族は東西南北の4方向に移住しつつ、行き着くところで折り返し、合わさった場所が永住の場所であるという伝承をあらわしているのだとか。

元々は日本人と同じ先祖を持つといわれるインディアン。
モンゴロイド発祥の地から遠く旅してきた遺伝子が旅を終わらせるなと命じているのかな?
なんて思ったりして。

他の部族にも卍マークにまつわる伝承がありますが、時代は移り、白人がアメリカ大陸に上陸し、英語と出会ったインディアン。
「生命=LEFE」 「光=LIGHT」 「愛=LOVE」 「幸運=LUCK」の4つのLを組み合わせた幸福をあらわすデザインと称するようになりました。
いや、本当はどうなんでしょう?
卍マークを観た白人が、その意味を4つのLと重ね、幸運のマークとしたと言う説もあります。

もっとも、このマークは、古代ギリシャやローマ、古代シュメールでも使われていたので、白人にとって出会うのは初めてでは無かったはずですが。

そしてこのマークがインディアンジュエリーから消えるのが第二次世界大戦以降。
ナバホ族他の部族は、美術品等に卍を使用しないとするアメリカ合衆国の法令に署名し、インディアンジュエリーのデザインに卍マークは使われなくなりました。

今も厳密にそれは守られており、卍マークが使われたヴィンテージ物(1920年代~1940年代初期まで)は、コレクターの間では、歴史的な価値も見いだされ、また、平和を表す縁起の良いアクセサリーとして高値で取引されています。

まぁ、高値が付けば偽物も出回ります。
しかも、中国やアジア各国に作らせた安っぽい物が多いようですが、それらを「インディアンジュエリー」という商品名で売るのはどうなのでしょう?

時々、商品名が「インディアンジュエリー」なのに、製造国がアメリカ合衆国以外になっている偽物を見ると、「インディアンジュエリー」という名前だけ先行していて、アメリカインディアン作家が魂を込めて作った作品が持つ、スピリチュアルな面が理解されてないのかと悲しくなります。

本来は平和のマークであった卍。
当店では、お安く見つけてきたら、お安くお出ししますので、チェックしてやってくださいね。

# インディアンジュエリーの基礎知識&雑学

↑随時更新中

お捜しのインディアンジュエリーはこちらに↓随時入荷しています。(ヤクオフ)

出品中の商品はこちら
出品中の商品はこちら

Yahooショッピングはじめました↓

出品中の商品はこちら

クリックしていただけると、張り切って良い物仕入れてお安く出します。 ↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ シルバージュエリーへ


# インディアンジュエリーの素材について

ちょっとおさらいです。
日本では、インディアンジュエリー=スターリングシルバーという認識があるようですが、実はこれ、誤った知識なんです。
インディアンジュリーの歴史に詳しい方ならご存じかと思いますが、インディアンは金属の加工技術を白人から学びましたが、彼らにとって銀を錬成するのは非常に困難な事でした。

さぁ、インディアン達は金属の調達をどう行ったでしょうか?
正解は、コイン等です。
コインの素材は925スターリングシルバーとは別のコインシルバーという素材になります。
また、洋白、ニッケルシルバーも多く使われました。
手に入りにくいスターリングシルバーの代わりに身近な素材でインディアンジュエリーを作っていたのです。

コインシルバーやニッケルシルバーの物は、スターリングシルバーとはまた違う光沢があり、ヴィンテージ物のそれらの迫力は素晴らいものがあります。
また、フレッドハーヴィーではニッケルシルバーの光沢を効果的に使った曲線的な作品も多数デザインされています。

また、カッパーも古くからインディアンジュエリーに使われている素材で、これは別項目に書きましたが、使い込まれたカッパー製品は迫力のある光沢を帯びますよ。

勿論スターリングシルバーは下項が容易で、使い込んでいくと良い感じのエイジングがされていきますが、
インディアンジュエリー=純銀は間違った知識です。

色々な素材のアクセサリーを、着替えるように付け替えるのも楽しい物ですよ。


↓代表的なスターリングシルバー作品の質感。
j231.jpg

↓代表的なコインシルバー ニッケルシルバー作品の質感。
c241.jpg

↓代表的なカッパー作品の質感。
i062.jpg

# インディアンジュエリーの基礎知識&雑学

↑随時更新中

お捜しのインディアンジュエリーはこちらに↓随時入荷しています。(ヤクオフ)

出品中の商品はこちら
出品中の商品はこちら

Yahooショッピングはじめました↓

出品中の商品はこちら

クリックしていただけると、張り切って良い物仕入れてお安く出します。 ↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ シルバージュエリーへ



# ココペリ色々

ココペリをモチーフにした作品が多数入荷してきました。
ココペリさん、人気ですね。
元々はホピ族の豊穣神話による物ですが、今はナバホ族もココペリをモチーフにした作品を多数制作しています。
ホピ族ナバホ族と言えば、各員ディアン独特の作風を学んだ物が最近増えておりますが、面白い融合をした作品を見つけましたので、近々ご紹介しますね。


インディアンジュエリーの基礎知識は下記をご参照くださいね。
ココペリについても記載項目があります。

卍インディアンジュエリー雑学卍

n322.jpg
n331.jpg
n352.jpg
n341.jpg
n301.jpg

# プロフィール

掘り出し物インディアンジュエリーはこちら↓ 出品中の商品はこちら 出品中の商品はこちら
Yahooショッピングはじめました↓ 出品中の商品はこちら
にほんブログ村 ファッションブログ シルバージュエリーへ
にほんブログ村


シルバーアクセサリー ブログランキングへ

インディアンジュエリー以外のYahooショッピングはこちら↓ 出品中の商品はこちら

Fletcher

Author:Fletcher
インディアンジュエリーの掘り出し物をお探しならこちら!
ヤクオフを使って本場アメリカと同じお値段で販売しておりますのでチェックしていって下さいね。

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。