インディアンジュエリーの掘り出し物をお探しならここ!

# 掘り出し物インディアンジュエリーなら ~ Fletcher's ~ フレッチャーズ

# 偽物インディアンジュエリーの見分け方

インディアンジュエリーの定義については下記をご参照いただくとして、

http://atrn828.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

とっても残念な事ですがネット上でインディアンジュエリーとして売られている物の中には偽物がたくさん出回っています。
せっかくインディアンジュエリーに興味を持ち、購入されてもそれが偽物だったと知るとショックですよね。

インディアンジュエリーは単なるアクセサリーではなく、ネイティブアメリカンの伝統とスピリチュアルな物を凝縮した物で、誇りを持って身に付けていただきたいジュエリーです。
なのに、見る人が見たら偽物。(^^;)

そうならないよう、いくつかの特徴を書いておきますね。

1.同じ型の物が安価に大量に売られていたら怪しい。
インディアンジュエリーは基本的にハンドメイドです。
作家さんがコツコツ作って行くので、同じ型の品物が大量に、しかも安価に出ている場合は大半が偽物です。

また、そういった物の中には、インディアンジュエリーでは見る事の無い星形や、ハート型のアクセサリーがインディアンジュエリーとして販売されていることもあります。
毎日インディアンジュエリーを見ている人にとって「何故これがインディアンジュエリー?」 と、首をかしげるような物も、見慣れていないと騙されてしまうのでしょう。

悪質な物は、本物っぽく、作家名のようなブランド名を付けたり、手書きのサインのような画像を掲載して、作家が作ったように見せかける偽物もあります。
こうなると、インディアンジュエリーに興味を持ち始めたばかりの人には見分けがつきにくいですよね。
ポイントは
ネット販売等で、同じ写真を使い回して販売している物は大概偽物。
理由は、ハンドメイドなので似ていても微妙に違うので、本物の場合は写真の使い回しはありません。
安価な作品に、手書きのカード等の画像が添えられていたら大概は偽物。
作家さんはわざわざそんなことはしません。
・製品に刻印されたイニシャルやサインぽいのが入っていたりしますが、ハンドスタンプでは無く、鋳型で大量生産された文字だったりしたらほぼ偽物です。

2.製造国がアメリカで無い物は・・・偽物というか、アメリカの法律でインディアンジュエリーと呼ぶことが禁止されています。
日本製、中国製、ミャンマー製、タイ製、ベトナム製、インドネシア製、色々あります。
中にはとても作りが凝った物も有りますが、、、何というか、匂いが違います。
アメリカの法律ではインディアンの末裔が作った物以外はインディアンジュエリーと呼べませんので、上記は全て偽物です。

ただ、日本のシルバースミスが作った物には本物を凌駕する凄い作品が多いのも事実。
値段の方も、へたな本物以上にします。
これはこれで日本の匠の技だと思いますし、有りだと思います。

.ストリート系、お兄系アクセサリーと一緒に出品されている場合、疑った方が良いです。
インディアンジュエリーはハンドメイドです。
なので、良質なインディアンジュエリーを仕入れるには、専門的な目利きが必要なので、専門店での購入がお勧めです。

ショッピングモールに入っているストリート系のお店で、インディアンジュエリーと称して全くの偽物を販売しているのはよく見掛けます。 格好良いけど、本物のインディアンジュエリーとは別物。(^^;)
インディアンジュエリーは専門店で購入するのが安全です。

ただ、これも例外はあり、メジャーどころだと、セレクトショップのビ◎ム◎さんは、インディアンジュエリー専門店と組んでとても良質な物を販売していますし、エスニック雑貨がメインのマ◎イ◎さんも、著名なアーティストの作品を扱うことで有名で、目の肥えたコレクターさんも買い物しに行きます。
どちらも、格好優先のアクセサリーと言うより、良い物を見る目があるお客様に売る、良質なお店という感じですね。


他にも気が付いたら追記していきますね。

# インディアンジュエリーの基礎知識&雑学

↑随時更新中

お捜しのインディアンジュエリーはこちらに↓随時入荷しています。(ヤクオフ)

出品中の商品はこちら
出品中の商品はこちら

Yahooショッピングはじめました↓

出品中の商品はこちら

クリックしていただけると、張り切って良い物仕入れてお安く出します。 ↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ シルバージュエリーへ



スポンサーサイト

# サインまたはホールマークについて

インディアンジュエリーの裏面には作家のサインやホールマークが入った物が多いです。
これらは、誰の作品であるか識別するのに役に立つのですが、同じ作家でも年代や時期によって微妙に異なる物が有ります。
では、サインやホールマークが無い物は偽物でしょうか?

実はインディアンジュエリーの初期にはサインもホールマークも無いのです。
今現在もサインやホールマークを使う事を嫌う作家も居ます。
それは何故でしょう?

凝ったホールマークデザインもしくは独特なサインの入ったインディアンジュエリーは格好いいですね。
でも、ナバホ族の作品には無印やアルファベット一文字だけの物とかも多いです。
実は、ナバホ族作家の中には、作品に名前を入れる事は縁起が悪いと思っている方が居ます。
しかし、商品として考えた時、サインが有った方が買う側は喜ぶ。
そのため、バイヤーはホールマークやサインを依頼する。

嫌々、渋々アルファベットの一文字だけ刻印する作家。
これが、イニシャル一文字だけのサインの正体です。

ヴィンテージ物に至っては刻印やホールマークの有る物がもっと減ってきます。
なので、裏面に刻印が無い物は偽物かというと必ずしもそうでは無いのです。

よく、本物のインディアンジュエリーか確認するためにホールマークやサインの有無を見るという人が居ますが、あまり意味は無いです。
決まった作家の作品か確認するのには有効ですが、むしろ日本製やアジア製の偽物の方が凝ったホールマークやサインを刻印している場合も有ります。
一番確実なのはアメリカでコレクターや、信頼置ける筋から買ってくるのが一番なのでしょうが、これも実は難しい。

本国アメリカにも偽物のインディアンジュエリーはたくさん入って来ています。
土産物店や、セレクトショップ的なところで売られている物にはかなりの確率で偽物が売られています。
w752.jpg
f253.jpg
c513.jpg
a753.jpg



# インディアンジュエリーの基礎知識&雑学

↑随時更新中

お捜しのインディアンジュエリーはこちらに↓随時入荷しています。(ヤクオフ)

出品中の商品はこちら
出品中の商品はこちら

Yahooショッピングはじめました↓

出品中の商品はこちら

面白いと思ったら下記ボタンをクリックお願いいたします。 ↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ シルバージュエリーへ


# 日本人とインディアンの宗教観

相変わらずココペリ関連商品が人気です。
以前にも書きました、コペリというと、元々はホピ族の伝承に出てくる豊穣と子孫繁栄の男神です。

神と言えば、実はインディアンと日本人、宗教観がよく似ているのです。
キリスト教やイスラム教に比べ、日本の神道は八百万の神様と言って、元々は天皇家や有力豪族の始祖だったり、森には森の、海には海の、色々な物にも神様が存在したり、生活の中での色々な物への感謝がそのまま信仰になったり、様々は物を拝んできました。

他の宗教に比べると、これが一つの宗教? と思えるほど多様性に富んでいます。
が、実はインディアンもそうなんです。
自然や事象、物にはそれぞれ魂が有り超自然的存在が介在すると言われています。
それらを部族によって、マニトウ、オレンダ、クベなど様々な呼び名がありますが、多くの部族で似た認識を持っており、日本神道とも通じる宗教観があります。

遺伝子的にもインディアンと日本人は近いと言いますが、日本列島と北米大陸、遠く離れた地でお互いに自然に感謝し、物に感謝し、それぞれに神が宿るという同じ発想をしたのが面白いですね。


ココペリその他、インディアンの伝承をもとにしたインディアンジュエリー、入荷しています。



n341.jpg

n301.jpg

n371.jpg

# インディアンジュエリーの基礎知識&雑学

↑随時更新中

お捜しのインディアンジュエリーはこちらに↓随時入荷しています。(ヤクオフ)

出品中の商品はこちら
出品中の商品はこちら

Yahooショッピングはじめました↓

出品中の商品はこちら

クリックしていただけると、張り切って良い物仕入れてお安く出します。 ↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ シルバージュエリーへ


# インディアンにとっての【卍】とは?

卍マークの入ったインディアンジュエリーを見た事はありますか?
神社のマーク? ナチスドイツの鍵十字?

実はインディアンとも縁の深いマークなんです。

d341.jpg


部族によって伝承は異なりますが、ホピ族の場合、当初のマークは現在の卍のように角の有る物では無く、曲線で構成されており、これは、部族は東西南北の4方向に移住しつつ、行き着くところで折り返し、合わさった場所が永住の場所であるという伝承をあらわしているのだとか。

元々は日本人と同じ先祖を持つといわれるインディアン。
モンゴロイド発祥の地から遠く旅してきた遺伝子が旅を終わらせるなと命じているのかな?
なんて思ったりして。

他の部族にも卍マークにまつわる伝承がありますが、時代は移り、白人がアメリカ大陸に上陸し、英語と出会ったインディアン。
「生命=LEFE」 「光=LIGHT」 「愛=LOVE」 「幸運=LUCK」の4つのLを組み合わせた幸福をあらわすデザインと称するようになりました。
いや、本当はどうなんでしょう?
卍マークを観た白人が、その意味を4つのLと重ね、幸運のマークとしたと言う説もあります。

もっとも、このマークは、古代ギリシャやローマ、古代シュメールでも使われていたので、白人にとって出会うのは初めてでは無かったはずですが。

そしてこのマークがインディアンジュエリーから消えるのが第二次世界大戦以降。
ナバホ族他の部族は、美術品等に卍を使用しないとするアメリカ合衆国の法令に署名し、インディアンジュエリーのデザインに卍マークは使われなくなりました。

今も厳密にそれは守られており、卍マークが使われたヴィンテージ物(1920年代~1940年代初期まで)は、コレクターの間では、歴史的な価値も見いだされ、また、平和を表す縁起の良いアクセサリーとして高値で取引されています。

まぁ、高値が付けば偽物も出回ります。
しかも、中国やアジア各国に作らせた安っぽい物が多いようですが、それらを「インディアンジュエリー」という商品名で売るのはどうなのでしょう?

時々、商品名が「インディアンジュエリー」なのに、製造国がアメリカ合衆国以外になっている偽物を見ると、「インディアンジュエリー」という名前だけ先行していて、アメリカインディアン作家が魂を込めて作った作品が持つ、スピリチュアルな面が理解されてないのかと悲しくなります。

本来は平和のマークであった卍。
当店では、お安く見つけてきたら、お安くお出ししますので、チェックしてやってくださいね。

# インディアンジュエリーの基礎知識&雑学

↑随時更新中

お捜しのインディアンジュエリーはこちらに↓随時入荷しています。(ヤクオフ)

出品中の商品はこちら
出品中の商品はこちら

Yahooショッピングはじめました↓

出品中の商品はこちら

クリックしていただけると、張り切って良い物仕入れてお安く出します。 ↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ シルバージュエリーへ


# インディアンジュエリーの素材について

ちょっとおさらいです。
日本では、インディアンジュエリー=スターリングシルバーという認識があるようですが、実はこれ、誤った知識なんです。
インディアンジュリーの歴史に詳しい方ならご存じかと思いますが、インディアンは金属の加工技術を白人から学びましたが、彼らにとって銀を錬成するのは非常に困難な事でした。

さぁ、インディアン達は金属の調達をどう行ったでしょうか?
正解は、コイン等です。
コインの素材は925スターリングシルバーとは別のコインシルバーという素材になります。
また、洋白、ニッケルシルバーも多く使われました。
手に入りにくいスターリングシルバーの代わりに身近な素材でインディアンジュエリーを作っていたのです。

コインシルバーやニッケルシルバーの物は、スターリングシルバーとはまた違う光沢があり、ヴィンテージ物のそれらの迫力は素晴らいものがあります。
また、フレッドハーヴィーではニッケルシルバーの光沢を効果的に使った曲線的な作品も多数デザインされています。

また、カッパーも古くからインディアンジュエリーに使われている素材で、これは別項目に書きましたが、使い込まれたカッパー製品は迫力のある光沢を帯びますよ。

勿論スターリングシルバーは下項が容易で、使い込んでいくと良い感じのエイジングがされていきますが、
インディアンジュエリー=純銀は間違った知識です。

色々な素材のアクセサリーを、着替えるように付け替えるのも楽しい物ですよ。


↓代表的なスターリングシルバー作品の質感。
j231.jpg

↓代表的なコインシルバー ニッケルシルバー作品の質感。
c241.jpg

↓代表的なカッパー作品の質感。
i062.jpg

# インディアンジュエリーの基礎知識&雑学

↑随時更新中

お捜しのインディアンジュエリーはこちらに↓随時入荷しています。(ヤクオフ)

出品中の商品はこちら
出品中の商品はこちら

Yahooショッピングはじめました↓

出品中の商品はこちら

クリックしていただけると、張り切って良い物仕入れてお安く出します。 ↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ シルバージュエリーへ



# プロフィール

掘り出し物インディアンジュエリーはこちら↓ 出品中の商品はこちら 出品中の商品はこちら
Yahooショッピングはじめました↓ 出品中の商品はこちら
にほんブログ村 ファッションブログ シルバージュエリーへ
にほんブログ村


シルバーアクセサリー ブログランキングへ

インディアンジュエリー以外のYahooショッピングはこちら↓ 出品中の商品はこちら

Fletcher

Author:Fletcher
インディアンジュエリーの掘り出し物をお探しならこちら!
ヤクオフを使って本場アメリカと同じお値段で販売しておりますのでチェックしていって下さいね。

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。